家

賃貸経営を成功させる秘訣|委託で安心経営術

敷金の重要性とは

コイン

敷金が安定収入の鍵

安定した賃貸経営をしていくうえでは、家賃収入をしっかりと確保する必要があります。家賃収入が安定的に入ってくれば、賃貸経営は否応なく安定します。空室率を減らし、入居率を増やすことは、家賃収入の安定化を図る上で欠かせないポイントです。しかしながら、手段を択ばない入居者の募集は却ってリスクを高めることもあるので注意が必要です。たとえば、敷金や礼金を取らない手法で入居者を募集すれば、比較的簡単に人が集まるかもしれません。しかしながら、とりわけ敷金には大切な意味があることも知っておいた方が良いです。敷金はもしもの時のための担保金のようなものです。入居者がもし家賃を滞納したとき、敷金からその滞納分が引かれます。敷金があることによって、たとえ家賃滞納が発生した場合でも、より柔軟に対応することができ、家賃収入の安定化に繋がっていくのです。

敷金の設定

賃貸経営にとって、敷金が大切なことは確かですが、しかしどのくらいの金額を敷金として設定すれば良いのかというところは議論の余地が残るところです。敷金が高すぎれば、入居者が減ってしまうかもしれませんので、慎重に設定していく必要があると言えます。敷金を設定するときは、周辺の相場や空室の状況などを鑑みて、総合的に判断していきましょう。不動産会社に相談するなどすれば、周辺の敷金の相場などは簡単に知ることができます。もし空室率が少し高いのであれば、敷金を一か月分から半月分に少なくしてみるというのも良い手かもしれません。賃貸経営においては、自分の物件の状況と周辺の相場を俯瞰的に見ていくようにすると、おのずと答えが見えてくるものです。

Copyright © 2016 賃貸経営を成功させる秘訣|委託で安心経営術 All Rights Reserved.